2020/06/29

テクニック磨きは風俗エステが一番!

テクニック磨きは風俗エステが一番!
テクニック磨きとして風俗を利用する

テクニックがないから風俗に行くのが恥ずかしい……。または童貞なので、女の子をどう扱っていいのか分からない、という男性も少なくないはずです。

女の子を満足させる術を知らないから風俗には行かない!、まずこの考えを改める必要があります。

確かに恥ずかしい思いをするかもしれませんが、それならば、セクシャルテクニックを学ぶ場として風俗を利用するという発想の転換をすればいいだけ!

次項では複数ある風俗業種の中で、テクニック磨きにピッタリな場をご紹介します。

風俗エステの逆エステで修行せよ

風俗エステ、エロにロマンを追求する男性陣ならもはやお馴染みですね。風俗エステはメンズエステの癒しとヘルス要素をジョイントした、マッサージ&ハンドフィニッシュを楽しめる一種の風俗業種です。

テクニック磨きの場としてピッタリなのが、この風俗エステになります。しかし風俗エステにも回春、洗体にマットなどに強いコンセプト店があり、テクニックを磨く場として適切になってくるのが、逆エステと呼ばれるジャンルです。

逆エステで経験を積む

逆エステは受け身のマッサージと手コキで終わる通常のエステプレイとは異なり、女性が横たわり、男性がマッサージをする側に回るあべこべのコンセプト店になります。

なぜ逆エステを利用すべきかというと、通常の風俗エステは女性へのタッチが限定される為です。そもそも女性に触れられなければ、どんなタッチが女性を喜ばすのか、強弱の付け方はいかがなものなのかが判断できない為、あえてタッチし放題の逆エステがテクニック磨きに有用になってくるというわけですね。

通常逆エステは変態整体師のイメクラを楽しめる最高の場になってきますが、女性経験が少ない男性にとっては、別の意味でテクニックを積む場所になっていきます。

逆エステも風俗の一種である為、男性経験が豊富なセラピストがたんまり在籍しているので、アレコレと女の子目線の気持ちいいポイントを指南してくれるはずです。

逆エステ利用の注意点

実戦の場としてピッタリの風俗エステですが、まず包み隠さず経験がないまたは少ないことは事前に伝えましょう。

その上で気持ちいいと思ったら、ちゃんと分かりやすい反応をしてもらうように頼むことも忘れてはいけません。

逆エステはダイレクトに秘部へのタッチはできませんが、ショーツ、パンティーの上からでもジンワリ染みる愛液で、感じているか否かはしっかり判断可能です。ただしフェラや指入れ、クンニなどもできない場合が多いので、消化不良を起こす男性は少なくありません。

そんな場合はケースバイケースで、よりヘルス要素の強いハイブリッドエステを選ぶといいでしょう。

オプションの活用

より踏み込んだエロ要素強めのプレイも、オプションを付けることで楽しめるようになります。女の子を感じさせる為には、愛撫に合わせ大人の玩具をいかに首尾よく使い分けられるかもポイントなので、プレイの幅を広げる為にも電マや目隠しなどのオプションをいくつか選ぶといいでしょう。

ただしあまりアレコレオプションを付けてしまうと、もはやデリヘル以上に高額な出費になる為、あくまで実践の場と捉えて女の子へのボディータッチに励んでいきましょう。

Next