2021/06/07

料亭でできる風俗プレイ

料亭でできる風俗プレイ
本番OKのレアな風俗業種

本番ができる風俗と言えばお風呂屋さん、そうソープが第一選択肢になっていきますが、料亭と呼ばれる料理組合でも実質本番を楽しめます。

料亭はいわゆる元赤線、青線地域にある性風俗サービスを提供するお店の形態の一部です。他にも旅館、スナックとして営業するところもあり、これらを合わせてちょんの間と呼んでおり、基本的に本番が可能なお店として知られています。

料亭の場合は風俗許可を取っている社交飲食店であり、しっかりと地域に根付く組合に加盟しながら、男性たちの憩いの場となっています。

つまるところ働く女の子は女中、給仕さんであり、個室に案内されてプレイを楽しんだ後に、コーヒーや水などのサービスを受け、建前は飲食店として機能しています。

近畿地方の〇〇新地と呼ばれるところには、この形態の料亭が点在しており、本番サービスを楽しめますが、料亭でのプレイが可能な場所は限局されているのが現状です。

ハードなプレイはできない料亭

風俗の中でソープと比較される料亭ですが、その違いから料亭でできる風俗プレイを解説していきます。 まずソープとの徹底的違いについてです。

①料亭は関西地区の旧遊郭地区にしか存在しない
②ソープのような至れり尽くせりなプレイは料亭では不可
③ヤリ手婆に直接交渉するのが料亭
④15~20分などの短時間プレイが料亭基本メニュー
⑤キスNG、フェラ、前戯なしという料亭も多い
⑥料亭はWEBなどで広告を出さない
⑦料亭の性病罹患リスクがソープと比べ低い

などがソープとの主な違いです。

まとめると料亭では入り口で座る女の子を実際に見ることができ、交渉は隣にいるおばさんと行い料金を手渡しします。なお女の子はホステスと呼ばれています。

シャワー設備がある料亭とない料亭があり、基本サービスは生ぬるいものばかり。ゴムフェラ、キスNGなども多く、飛田新地などはフェラもNGでゴムありの本番でサービスは終了する為、地区間での相違こそあれど、マットサービスなどはもちろんありません。

15~20、30分などの短時間で終わる為、とりあえず挿入できればと言う方や時間がない方にはオススメですが、15分あたり10000円前後と少々お高め。

飛田新地は最高レベルの料亭なり

飛田新地は料亭組合の中でもトップを独走しています。明治~昭和を思わせる建築物の中で行われる男と女の秘め事、情緒あふれる風景の中で行う本番セックスは堪らないと近代建築マニアは口々にそう語ります。

飛田新地では基本前戯もフェラもNGですが日本最高峰、高級ソープの上を行くようなルックスの女性がズラリ。

ただしどこの新地でも言えることですが、ゾーンごとに女の子のルックス、年齢が異なること、そしてサービスにも差があることがあります。

例えば飛田新地では青春通りやメイン通りではビックリするような女の子が在籍していますが、妖怪通りと呼ばれるところには豊満であったり熟女が居座っていることも。

当然と言えば当然ですがモデル級が在籍する通りではサービスが薄く、地雷嬢が多い通りでは、中出しや生フェラなどのサービスが受けられることもあります。

飛田新地を例にそのサービスの差について解説していますが、同じ近畿地域でも建物、女の子の質、サービスは若干異なるので、それらを比較してみるのも面白いかもしれませんね。