2020/07/16

風俗で遊ぶならいつ?閑散期と繁忙期について

風俗で遊ぶならいつ?閑散期と繁忙期について
風俗はいつ遊ぶのがお勧め?

デリヘルは、景気に大きく左右される業界です。

景気が悪いと利用する人が格段に減りますし、景気が良くなると利用する人が一気に増えます。
ここまで顕著に景気で大きく変わる業界も珍しいです。では、どうしてここまで景気に大きく左右されてしまうのでしょうか?

それは利用する人が男性だからです。

現代は女性も社会進出していますが、それでもまだまだ男性の方が労働者の方が多いのが現状です。
そのため、景気が悪くなるということは、男性の収入が減ってしまうということなので、デリヘルにお金をかけることができなくなってしまいます。
だから、景気が悪くなると一気に利用者が減ってしまうという訳です。

不景気イコール、風俗業界の閑散期ということですね。

逆に景気が良くなると男性の収入がアップするので、そのお金でデリヘルを呼ぶ人が増えます。
そのため、好景気の時というのは、デリヘル業界が大きく潤います。

ただ、あまり知られていませんが、閑散期はデリヘルを利用しやすい状況です。

みなさん考えてください。

例えば、物が売れない時って、一般のお店はどうしていますか?
どのお店も値下げしますよね?

デリヘルも同じで不景気の時は値下げをするので、格安で超人気デリヘル嬢を呼ぶことができる場合があります。 そういう意味では、閑散期は狙い目だといえます。

閑散期の注意点

しかし、その閑散期にも注意すべきことはあります。

店舗側は売れっ子の嬢をさらに優先するようになり、人気のない稼げなくなった風俗嬢たちが店舗を移って働くことが多くなります。
つまりその風俗嬢たちが移ってきた店舗には新人(笑)が多く出ることになるので、店舗側も新人を売り出すために宣伝やイベントを打つわけです。
なので少しお得な値段で新人と遊べることもあるのですが、上記の理由で質の良くないキャストに当たる可能性もあるわけです。

お得に遊べても残念な思いをしたら元も子もないですよね。
閑散期は出来るだけ新人を避けて遊ぶといいでしょう。

繁忙期はいつ?

では、逆にデリヘルの繁忙期とはいつなのでしょうか?

デリヘルにも繁忙期はしっかりあります。
一般企業と同じように繁忙期になると電話の本数が一気に多くなり、デリヘル店はてんやわんやです。

デリヘル業界の場合、対象客がサラリーマンになるので、ボーナス時期と年末年始が繁忙期になります。
夏のボーナス時期は、気持ちが大きくなっていることが多いですし、お酒を飲む機会が増えるので、「なんとなくデリヘルを呼んじゃおうかな」という人が増えます。
また、年末年始もお酒を飲む機会が増えるので、その流れでホテルに行きデリヘルを利用する人が多く、デリヘル業界では1年で最も忙しい時期だといわれています。

また、繁忙期になるとデリヘル料金が多少上がるところもあります。
もしお得にデリヘルを利用したいのであれば、やはり繁忙期は避けた方がいいかもしれません。

そして、繁忙期になると人気デリヘル嬢は引っ張りだこです。
そのため、いつも指名しているデリヘル嬢が予約でいっぱいという場合もあるので、この時期にデリヘルを利用するのであれば早めに予約を入れた方が良いでしょう。